登壇者一覧

石山アンジュ
社会活動家

1989年生。シェアリングエコノミーの普及に従事。シェアの思想を通じた新しいライフスタイルを提案する活動を行うほか、一般社団法人シェアリングエコノミー協会事務局長、厚生労働省・経済産業省・総務省などの政府委員も多数務める。2018年一般社団法人Public Meets Innovationを設立、代表に就任。NewsPicks「WEEKLY OCHIAI」へのレギュラー出演や、新しい家族の形「拡張家族」を広げるなど幅広く活動。著書「シェアライフ-新しい社会の新しい生き方(クロスメディア・パブリッシング)」

登壇セッション
世論喚起とPA

伊吹 英子
株式会社野村総合研究所 コーポレートイノベーションコンサルティング部 プリンシパル

専門は、CSRやサステナビリティに関するビジョン・戦略構築と実行支援、ESG、CSV(共通価値の創造)など。同社でCSRコンサルティングの実績をゼロから創り上げ、現在は、幅広い業種のCSRやサステナビリティ経営に関する戦略構築と実行支援、財務・非財務を統合した経営管理制度改革、ESG情報開示、統合報告、理念・ビジョン構築・浸透等のコンサルティングに従事。著書に「新版 CSR経営戦略―社会的責任で競争力を高める」2014年8月東洋経済新報社 ほか。国際公共政策博士。

登壇セッション
CSRとPA

入山 章栄
早稲田大学大学院経営管理研究科 早稲田大学ビジネススクール教授

慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所で、主に自動車メー カー・国内外政府機関 への調査・コンサルティング業務に従事した後、2008 年 に米ピッツバーグ大学 経営大学院より Ph.D.(博士号)を取得。 同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネスス クール助教授。 2013 年より早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール准教授。 2019 年より現職。 「Strategic Management Journal」など国際的な主要経営学術誌に論文を多数発表。著書に「世界標準 の経営理論」(ダイヤモンド社)、他。 テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」のレギュラーコ メンテーターを務めるなど、メディアでも活発な情報発信を行っている。

登壇セッション
企業戦略とPA

宇野 常寛
批評誌『PLANETS』編集長

1978年生。著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『母性のディストピア』(集英社)、『遅いインターネット』(幻冬舎)、石破茂との対談『こんな日本をつくりたい』(太田出版)、『静かなる革命へのブループリント この国の未来をつくる7つの対話』(河出書房新社)など多數。立教大学社会学部兼任講師。

登壇セッション
民主主義とPA

尾上 玲円奈
井之上パブリックリレーションズ執行役員、PRプランナー

早稲田大学政治経済学部卒、東京大学大学院学際情報学府修了。大学時代には雄弁会幹事長、国会議員秘書などを経験。NHK記者として事件、行政、選挙を取材。厚労省や日本医師会、国会も巻き込み「勤務医不足」を論じた。現職では農業、運輸業、製造業や小売業、観光業やIT、学校法人や政党クライアントに、コンサルティングやスピーチライティング、ロビイングなどPRサービスを提供している。文化庁有識者検討委員、ヤングカンヌ審査委員、国連WFP JICメンバー、早稲田大学非常勤講師

登壇セッション
世論喚起とPA

小泉 文明
株式会社メルカリ 取締役会長

早稲田大学商学部卒業後、大和証券SMBCにてミクシィやDeNAなどのネット企業のIPOを担当。2006年よりミクシィにジョインし、取締役執行役員CFOとしてコーポレート部門全体を統轄する。2012年に退任後はいくつかのスタートアップを支援し、2013年12月株式会社メルカリに参画。2014年3月取締役就任、2017年4月取締役社長兼COO就任、2019年9月取締役会長に就任。

登壇セッション
企業戦略とPA

國分 俊史
多摩大学大学院 教授 ルール形成戦略研究所所長

多摩大学大学院 教授 ルール形成戦略研究所所長、パシフィックフォーラム シニアフェロー、EY アドバイザリー・アンド・コンサルティング Strategic Impact Unit リードパートナー、「自由民主党 新国際秩序創造戦略本部」アドバイザー(2020年9月30日まで)。 早稲田大学大学院公共経営研究科修了。IT企業の経営企画、シンクタンク、米国系戦略ファームA.T. カーニー プリンシパル、米国系会計ファーム ヴァイスプレジデントパートナー(2018年11月末にて退任)を歴任。

登壇セッション
企業戦略とPA

佐藤 元彦
楽天株式会社 渉外室 政策・規制分析課 シニアマネージャー

コンサルティング会社、産業団体勤務を経て、2015年7月楽天に入社。主にEUにおけるデジタル関連政策・規制動向の情報収集・分析・ロビイングを担当。その他、ダボス会議等海外におけるCEOの政策関連活動をサポート。団体勤務時代にはベルギー・ブリュッセルに駐在(2012-2014)。在欧日系企業のビジネス環境改善に関わる情報収集やGDPRに関するロビイングに従事した経験を有する。慶應義塾大学法学研究科公法学専攻(国際法)修了。

登壇セッション
国際戦略とPA

鈴木 崇弘
城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科長・特任教授

城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科教授。宇都宮市生。東京大学法学部卒。マラヤ大学、イースト・ウエスト・センター奨学生として同センターおよびハワイ大学大学院などに留学。東京財団の設立に関わり同財団研究事業部長、大阪大学特任教授・フロンティア研究機構副機構長、自民党の政策研究機関「シンクタンク2005・日本」の設立に関わり同機関理事・事務局長、法政大学大学院兼任講師、中央大学大学院公共政策研究科客員教授、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)事務局長付、厚生労働省総合政策参与などを経て現職。91年―93年まで 米アーバン・インスティテュート兼任研究員。関西ニュービジネス協議会学生ニュービジネス大賞2004選考委員長。大阪駅北地区国際コンセプトコンペ優秀賞受賞(共同提案者、2003年)。

登壇セッション
民主主義とPA

隅屋 輝佳
一般社団法人Pnika 代表 / 世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター アジャイルガバナンスプロジェクト担当

上智大学国際教養学部卒業後、民間企業にて新規事業開発などを担当の後、慶應大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の修士課程にて「非専門家による法規制改正提案の支援を行う自律的実践プロセスの設計と評価」を執筆。 2019年2月にイノベーターが制度設計者や専門家、市民とつながり、協働で法制度設計を行うことを可能にすることをミッションとした一般社団法人Pnikaを立ち上げ、現在も代表として活動している。2020年2月より、世界経済フォーラム第四次産業革命日本センターのアジャイルガバナンスプロジェクト担当として、デジタル時代にあったガバナンスのアップデートに向けて活動している。

登壇セッション
Society5.0のガバナンスとPA

高木 新平
NEWPEACE代表 / Vision Architect

早稲田大学卒業後、博報堂に入社。SNSを起点としたソーシャルキャンペーンに携わった後、独立。独自のビジョンを掲げて一気通貫したアクションを展開していくことで共感の輪を拡げる「Visioning」を提唱。インターネット選挙運動解禁を実現した「One Voice Campaign」や、シェアリングエコノミーの浸透に貢献した「シェアリングエコノミー協会」などを立ち上げる。その後、様々な官公庁のクリエイティブディレクションを担当。最近では、SDGs・人生100年時代などの次世代ビジョンの社会浸透を仕掛ける。

登壇セッション
世論喚起とPA

永井 昌代
APCO Worldwide合同会社 マネージング・ディレクター

衆議院の議員秘書としての経験を経て、米国コロンビア大学国際公共政策大学院に入学。卒後、世界銀行、経済産業省、内閣府政府広報室、理化学研究所、静岡県などといった、国際機関、中央官庁、国内外の地方自治体の広報戦略立案や実務経験を持つ。15年以上のパブリックアフェアーズ、PR業界での経験から、パブリックアフェアーズ、アドボカシー、コーポレートコミュニケーションを専門としている。

登壇セッション
国際戦略とPA

西田 亮介
東京工業大学リーダーシップ教育院/リベラルアーツ研究教育院/環境・社会理工学院准教授

博士(政策・メディア)。専門は公共政策の社会学。情報と政治(ネット選挙、政治の情報発信、行政の広報広聴、電子政府等)、民主主義の普及啓発、投票年齢の引き下げ、無業社会等を研究。1983年京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。同後期博士課程単位取得退学。 同助教(有期・研究奨励Ⅱ)、(独)中小機構リサーチャー、立命館大特別招聘准教授等を経て現職。『メディアと自民党』『マーケティング化する民主主義』『無業社会』『コロナ危機の社会学』等著書多数。

登壇セッション
民主主義とPA

羽深 宏樹
経済産業省

弁護士(日本・ニューヨーク州)、経済産業省 商務情報政策局 情報経済課 課長補佐。デジタル時代のガバナンスシステムの設計、デジタルプラットフォームに関する諸政策の立案、国際的なデータガバナンスに関する検討等を行っている。2020年7月公表に公表された報告書「GOVERNANCE INNOVATION: Society5.0の実現に向けた法とアーキテクチャのリ・デザイン」の事務局主担当者。内閣官房新型コロナウイルス感染症対策テックチームの一員として、接触確認アプリの仕様書及び評価書の策定にも従事。東京大学法学部卒(BA)、東京大学法科大学院(JD)、Stanford Law School(LLM)修了。

登壇セッション
Society5.0のガバナンスとPA

水野 祐
弁護士(シティライツ法律事務所)

弁護士(シティライツ法律事務所)。Creative Commons Japan理事。Arts and Law理事。東京大学・慶應義塾大学SFC非常勤講師。グッドデザイン賞審査員 。note株式会社などの社外役員。著作に『法のデザイン 創造性とイノベーションは法によって加速する』など。

登壇セッション
民主主義とPA

向山 淳
APイニシアティブ主任研究員

慶應義塾大学法学部政治学科卒業、ハーバード大学公共政策大学院修了。2006年、三菱商事株式会社へ入社し、主に金融分野で海外政府の民営化インフラ資産を対象とした買収や年金運用に携わる。日本人で初めてカナダ・オンタリオ州公務員年金基金(OMERS)に出向。2019年国会議員政策担当秘書資格取得。向山政策ラボ代表、独立系シンクタンク アジア・パシフィック・イニシアティブ主任研究員。PEP(政策起業家プラットフォーム)プロジェクト・ディレクターとして、政・官・民・学・NGO/NPO等が垣根を越えて協力する公共のあり方を追求中。

登壇セッション
民主主義とPA

山本 美香
Airbnb Japan株式会社 公共政策本部長

大学卒業後、国連人口基金東京事務所でリプロダクティブ・ヘルスや女性のエンパワーメントなどの分野のアドボカシーを担当。その後大学院を経て、広報代理店にてパブリック・ポリシー、パブリック・アフェアーズ、企業・マーケティングコミュニケーションなどを幅広く担当した後、現職。関心領域は、社会的イノベーション。英国ウォーリック大学政治国際学部、ロンドン経済政治大学院人権修士課程を修了。

登壇セッション
世論喚起とPA

龍治 玲奈
日本マイクロソフト株式会社 社会貢献担当部長

東京外国語大学ロシア東欧語学部卒業。日本企業を経て、外資系企業でのCSR部門立上げを経験。その経験をもとに企業全体で社会貢献に取り組む姿勢に惹かれ、2007年に日本マイクロソフト株式会社に入社。以来、同社の社会貢献担当として「empower every person and every organization on the planet to achieve more~地球上のすべての人、すべての組織に関わる人たちが、より多くのことを達成する力になる~」をミッションにプロジェクトに従事。女性・若者の就労支援、災害復興支援など、産官学NPO連携のコレクティブインパクトを通じての社会貢献を目指す。

登壇セッション
CSRとPA

渡辺 敏浩
ソフトバンク株式会社 渉外本部 渉外企画部 実証事業推進課

1979年生、静岡県出身、早稲田大学公共経営大学院卒。 大手警備会社、経済産業省、SBドライブ株式会社(現BOLDLY株式会社)を経て、現在はソフトバンク株式会社渉外本部に所属。モビリティ分野、スマートシティ分野の新事業推進に関する政府対応を担当し、昨今の自動運転をめぐる政府議論についても、民間事業者の立場から積極的な提言を行う。

登壇セッション
Society5.0のガバナンスとPA

参加申込

全セッション参加費 無料